授かりやすいように

排卵検査薬を使用してより妊娠しやすくする

排卵検査薬を使用することによって排卵日前後を特定することが出来ますので、そのチャンスを狙うことにより妊娠しやすいとも言えます。そもそも人間は妊娠しにくい動物だとも言われています。うまく排卵日に受精したとしても着床して出産までに至る可能性はグッと下がってきます。排卵日を特定できてタイミングを合わせれば8割程度の確率で受精可能だとも言われているのです。そこから着床するまでに2割程度になり、更に着床したとしてその中の2割は流産してしまうので、出産は奇跡だと言っても良いでしょう。 そこでまずは受精しなければならないというわけです。その第一段階としても排卵検査薬を使用して排卵日を狙い受精させることが大切なのです。

チャンスを確実に狙う

妊娠するためには排卵日に受精しなければなりません。排卵検査薬を使用することによって排卵日を大体特定することが出来ますから、妊娠に近づけるという訳です。 排卵検査薬は薬局などで購入することができます。大体はセットで売っているので一か月ひと箱を目安として使用してみてください。 排卵検査薬を使うにあたって生理周期が乱れがちな方は基礎体温を測ることをオススメします。基礎体温が高温期と高温期に分かれていたら排卵日は特定しやすいです。 一般的にグッと体温が下がる時が排卵日とされていますのでそれも参考にして排卵検査薬を使用すると更に排卵日の特定確率が上がるでしょう。 妊娠はタイミングが大切ですから気長に構えてみてください。