病院選び

自分に合った産院選び

出産は人生において一大イベントです。 そんな出産の際に一番悩むのが産婦人科選びではないでしょうか。 産婦人科と一言で言っても個人院から助産院まで様々です。 今回は、知っておくといい産婦人科の種類とそのメリットをご紹介したいと思います。 まず、最も一般的なものが総合病院です。 こちらのメリットは、何かあった時にすぐ別の科で診療をしてもらえたりと院内での連携があることです。 次に個人での医院です。 こちらは、その医院によって、お祝い膳が出たり多目的ルームを使えるなどの特典やサービスなどが充実している場合が多いです。その分出産にかかる費用も高くなる場合があります。 最後に助産院です。 こちらは、助産婦さんがいて、病院よりもリラックスできるという人が多いです。 しかし、医療行為は行えなので、万が一のことがあった場合への対応速度には注意が必要です。

出産にかかる費用について

さて、これらの出産場所の種類をご紹介しましたが、その費用はどのくらいなのでしょうか。 まず、出産には通院から出産までを含めると大体50〜100万円前後かかると言われています。そのうち、出産一時金として子供一人につき42万円支給されます。 産院別だと、助産院が比較的安く20〜50万ほどのところが多いです。 個人院になるとその医院によってオプションが違ってくるので価格が大きく変わってきますが、100万ほどかかるところもあります。 また、帝王切開の場合は、自然分娩と比べると費用が高くなります。 しかし、医療保険が適応されるので、いくらかの金額は戻ってきます。この額は医療保険によって異なるので確認しておきましょう。 このように出産には様々なお金がかかります。 きちんと自分に合った産婦人科選びをして、快適で安心な出産をしましょう。